普天間 | KURAGE online

普天間 | KURAGE online

「 返還 」 の情報 

普天間合意25年 辺野古抜きの返還探れ

日米両政府が沖縄宜野湾市の米軍普天間飛行場の返還に合意してから二十五年。返還の前提とされた名護市辺野古への移設は完了のめどが立たない

普天間返還合意25年 反対から容認へ 元宜野湾市長「あの努力は何だったのか…」

市街地に囲まれ、「世界一危険」といわれる米軍普天間飛行場(沖縄宜野湾市)の返還に日米両政府が合意してから今月で25年を迎えた。

墓を建てたのが先 米軍基地ができたのは後 「墓参りになぜ許可が必要?」と問う親族

米軍普天間飛行場の返還に日米が合意してから12日で25年。沖縄県の宜野湾市によると17年前から、同飛行場内の墓を訪ねるには米軍に事前の

在沖米軍「前方重視」か「拠点分散」か 戦略の変化は

日米両政府が米軍普天間飛行場(沖縄宜野湾市)の返還に合意したのは、1996年4月12日。この25年で日本周辺の戦略環境は様変わりした。

“辺野古移設着実に進め普天間返還に全力で取り組む”官房長官

沖縄アメリカ普天間基地の返還に日米両政府が合意してから、12日で25年になります。加藤官房長官は、名護市辺野古への移設工事を着実に

普天間返還合意25年 対立続き進まぬ移設 民意に変化も

日米両政府が米軍普天間飛行場(沖縄宜野湾市)の返還に合意してから、12日で25年を迎える。だが、同県名護市辺野古への移設をめぐる国と

普天間返還、見通せず

日米両政府が米軍普天間飛行場(沖縄宜野湾市)の全面返還で合意してから、12日で25年。5~7年以内に返還するとの内容だったが、返還の

米、辺野古移設の方針変えず 「代替施設は再編の基盤」

米軍普天間飛行場の返還は、日米両政府が1996年4月12日に合意した。米軍基地が集中する沖縄県内への移設に対する根強い反対が続くほか、環境への

「米軍機の爆音、当たり前じゃない」 原告団初参加の男性の思い<第3次普天間爆音訴訟>

普天間飛行場を見つめ、銘苅紹夫(つぎお)さん(76)=宜野湾宜野湾=がつぶやいた。「整理縮小されると思っていたのに」。いまだに返還が

沖縄で埋もれた米軍の性暴力 編集局長の「申し訳なさ」

返還合意が県内移設という条件付きだったため、普天間の返還は進まず、名護市辺野古の基地建設をめぐっても政府と沖縄県の対立が深刻化してい

Copyright© 普天間 | KURAGE online , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.