普天間 | KURAGE online

普天間 | KURAGE online

「 国 」 の情報 

解決遠のけば米政府は失望

普天間基地の移設について、米政府は「日本の国内的な問題」というスタンスだ。市街地に位置する普天間は事故のリスクが大きい。なにか起きれば

普天間返還合意25年 対立続き進まぬ移設 民意に変化も

日米両政府が米軍普天間飛行場(沖縄宜野湾市)の返還に合意してから、12日で25年を迎える。だが、同県名護市辺野古への移設をめぐる国と

「判断しない」判断の理由とは?国と沖縄の元調停役語る

米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設にかかわる行政手続きや法廷闘争だ。実は当初、国の委員会が混迷を予測し、話し合いを呼びかける

普天間飛行差し止め、4182人が提訴 第3次で最多

米軍普天間飛行場(沖縄宜野湾市)の周辺住民4182が25日、米軍機の騒音被害を訴え、国を相手に夜間・早朝の飛行差し止めや損害賠償を求めて

辺野古工事で差し止め認めず 大飯原発訴訟の森鍵裁判長

那覇地裁では2018年3月、米軍普天間飛行場(沖縄宜野湾市)の名護市辺野古移設をめぐる訴訟の判決で、国が進める埋め立て工事差し止めを

辺野古訴訟 沖縄県の訴え退ける判決 那覇地裁

沖縄アメリカ普天間基地の名護市辺野古沖への移設に向けた埋め立てをめぐり、工事を進める根拠となっている国の裁決の取り消しを沖縄県が

辺野古“サンゴ裁判”玉城知事が意見陳述

アメリカ普天間基地の移設先とされる名護市辺野古のサンゴの移植をめぐり、沖縄県が国を訴えた裁判で20日、玉城知事が意見陳述を行い国の

政府、首里城再建工程の前倒しも検討 焼失から1年

国と沖縄県は米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古移設をめぐり対立を続けているが、焼失した正殿などがあった城郭内は国立公園と

那覇軍港は「使用中」 加藤長官、知事の認識と違い

県側が求める国との新たな協議の場については、既存の普天間飛行場負担軽減推進会議を活用すると説明。推進会議やその下に位置する作業部会の

辺野古断念へ「不断の努力」 玉城・沖縄知事が就任2年

国と対立が続く米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画について「辺野古に基地は造らせない。断念するよう政府に求め、不断の

Copyright© 普天間 | KURAGE online , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.