普天間 | KURAGE online

普天間 | KURAGE online

「 事故 」 の情報 

解決遠のけば米政府は失望

普天間基地の移設について、米政府は「日本の国内的な問題」というスタンスだ。市街地に位置する普天間は事故のリスクが大きい。なにか起きれば

普天間返還合意25年、続く対立

日米両政府による米軍普天間飛行場(沖縄宜野湾市)の返還合意から12日で25年を迎えた。米軍機による事故はなくならず、県民の悲願である

増える離着陸 変わらぬ危険 米軍ヘリ窓落下3年 オスプレイ墜落4年 普天間 学校上空で飛行

13日で米軍普天間飛行場所属のCH53E大型輸送ヘリが普天間第二小学校に窓を落下させた事故から3年、MV22オスプレイが名護市安部の

校長「危険は相変わらず隣に」 普天間・米軍ヘリ窓落下3年、現場小学校で集会

米軍普天間飛行場(沖縄宜野湾市)所属の大型ヘリの窓が基地に隣接する市立普天間第二小(児童623)の校庭に落下した事故から13日で3年に

米軍機落下物のオブジェを展示 琉球新報社1階、13日まで

普天間飛行場の閉鎖は時間がかかるが、ヘリの運用を停止しなければ、また事故が起きる」と警鐘を鳴らした。 PR.

<社説>米軍消防協約不適用 住民の安全第一に万策を

4月に米軍普天間飛行場で泡消火剤が流出した事故で、宜野湾市消防本部と米軍消防が、災害時などに活動を相互に支援する消防相互援 ... 記事全文を

沖縄 米軍ヘリ不時着・炎上で書類送検

この事故は3年前の10月、アメリカ普天間基地所属の大型輸送ヘリCH53が、飛行中に出火し、東村高江の牧草地に不時着して炎上したもの

米軍ヘリ墜落事故から16年 軍用機が飛ばない空を

住宅地に隣接する普天間基地の危険性を改めて突きつけた事故から16年が経つが、基地の閉鎖はなお実現せず、ヘリコプターが市街地の上空を

沖縄国際大ヘリ墜落16年で集会 記憶の継承誓い「普天間閉鎖を」

沖縄宜野湾市の沖縄国際大に、隣接する米軍普天間飛行場のヘリコプターが墜落、炎上した事故から16年となった13日、大学側は集会を開き「

沖国大ヘリ墜落事故から16年、普天間飛行場からこの日も

宜野湾宜野湾市の沖縄国際大学に米軍普天間飛行場を飛び立ったCH53Dヘリコプターが墜落した事故から16年たった13日午後3時半ごろ、

Copyright© 普天間 | KURAGE online , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.